薬王子神社と薬神さん(やくおうじじんじゃやくじんさん)

カテゴリー 歴史・文化 

エリア 銀の馬車道エリア

本殿は享保15(1730)年に、当時の地頭・平松三治により建築されたと棟札から伺えます。

薬王子神社は厄除けの神として知られ、毎年2月19日には「薬神さん」(薬王子神社春季大祭)が行なわれます。厄除ご祈祷、福引などがあります。

また、薬王子神社が所有する絵馬「えぇじゃないか図」は県重要指定文化財で、慶応4(1868)年に奉納されたものです。

52人の村人がえぇじゃないかと浮かれ騒ぎ乱舞する姿が表情豊かに描かれています。

現品は歴史博物館に所蔵され、現在掲げてあるものは写真です。

data

所在地 〒679-2425 兵庫県神崎郡神河町東柏尾718番の1

※価格・営業時間等の情報は掲載時のものであり、現在のものとは違っている可能性があります。
詳しくは各施設・お店等に直接お問い合わせください。