福田寺の花だんご(ふくでんじのはなだんご)

カテゴリー 歴史・文化 

エリア 大河内高原エリア

川上地区の花だんごは毎年8月23日の地蔵盆に各組(隣保)ごとに作られ福田寺境内にある「壇の地蔵」に供えられます。

花だんごは、蒸したうるち米を臼と杵で搗き、餅状にしてそれを板状に伸ばして菱形に切り、周辺へ帯状にはさみを入れ端から丸く巻き上げて光背状に整形して、中央に「花」の文字を赤色または青色で書きます。

それを竹串に刺し、刺したものを藁づとに山形にまとめて飾りつけたものです。

「壇の地蔵」は「安徳地蔵」とも呼ばれ源平合戦の後、壇ノ浦の戦いで入水された安徳天皇と平氏一族の冥福を祈るための地蔵で、川上地区の人々による平家落人の救済伝説の中で生まれた行事です。

平成13年3月に町指定文化財に指定されました。

data

所在地 〒679-3104 兵庫県神崎郡神河町川上

※価格・営業時間等の情報は掲載時のものであり、現在のものとは違っている可能性があります。
詳しくは各施設・お店等に直接お問い合わせください。