正法寺(しょうぼうじ)

カテゴリー 歴史・文化 

エリア 大河内高原エリア

隠元の書による「慧日山」名の山門扁額は、正法寺が寛文13年(1673年)2月3日に

黄檗山萬福寺の末寺の印可状を受け、臨済宗黄檗宗に改宗し、開山に当たり萬福寺から送られたものです。

開山は木庵の高弟實傅鈎によりなされ、二代目逸巌を開基としています。

正法寺には、中国から渡来した名僧の隠元、木庵、即非の書である貴重な扁額並びに聯書があり、平成11年に町指定文化財に指定されています。

また、正法寺は歴代福本主藩の厚い信仰を得ていて、住職は乗輿登城を許されていました。

その輿が修復されて保存されています。

この輿も町指定文化財に指定されています。

data

所在地 〒679-3114 兵庫県神崎郡神河町新野881
電話番号 0790-34-0237

※価格・営業時間等の情報は掲載時のものであり、現在のものとは違っている可能性があります。
詳しくは各施設・お店等に直接お問い合わせください。