日吉神社のとんぼ(ひよしじんじゃのとんぼ)

カテゴリー 歴史・文化 

エリア 大河内高原エリア

日吉神社のとんぼ道中は昭和10年頃から始まったといわれています。

もともとは、祭りの屋台の担ぎ手の弁当を長持ちで屋台の後ろから運んでいましたが、秋祭りを盛り上げようと、花嫁に扮した男性を長持ちに乗せて道中するようになりました。

担ぎ手も色々な化粧をして沿道の見物者を楽しませてくれます。

現在、寺前・鍛治・上岩の3集落がとんぼ道中を行っています。

近年では、とんぼ道中をカメラにおさめようと県内外から多くのカメラマンが朝早くから押し寄せ、日吉神社の秋祭りには欠かせないものとなっています。

data

所在地 〒679-3115 兵庫県神崎郡神河町比延

※価格・営業時間等の情報は掲載時のものであり、現在のものとは違っている可能性があります。
詳しくは各施設・お店等に直接お問い合わせください。