七宝寺(しっぽうじ)

カテゴリー 歴史・文化 

エリア 銀の馬車道エリア

七寶寺にある鏡は、唐式の伯牙弾琴鏡(はくがだんきんきょう)と云われ我が国では奈良時代から平安時代に流行した鏡の形式だそうです。

鏡面には精巧な毛彫りで阿弥陀浄土図が描かれており、鏡背面は名前の縁起を示す浮き彫りで伯牙が琴を弾いている故事の絵柄です。

伯牙は中国の春秋時代の人で琴の名人でしたが、その音をよく聞き分けた鍾子期が死んでからは琴の理解者がいなくなったと琴の弦を切って二度と弾かなかった事から「伯牙絶弦」とも云われます。

この形式鏡は全国で12面程が伝わっておりほとんどが円形で、この八花鏡は極めて珍しいものです。

昭和63年3月に県指定文化財に指定されました。

data

所在地 〒679-2432 兵庫県神崎郡神河町大山110
電話番号 0790-32-0681

※価格・営業時間等の情報は掲載時のものであり、現在のものとは違っている可能性があります。
詳しくは各施設・お店等に直接お問い合わせください。