賽の神(さいのかみ)

カテゴリー 歴史・文化 

エリア 越知川名水街道エリア

賽(さい)の神大岩は地元では「大岩さん」と親しまれています。

広さは8畳ほどで高さは17m50cmです。

岩の下部のくぼみに祠があり、賽の神様がお祀りしてあります。

賽の神様は、村里の入口で外から襲う悪い悪霊を防ぐ「境の神様」で、旅行安全、縁結び、子授け、安産の神として信じられてきました。

毎年7月17日には祭りごとが行われます。

昭和の初め頃までは「火祭りの行事」として8月23日の夕方岩の上でお祈りが行われ、子どもたちはそれぞれたいまつに火をつけて「ジロベー、タロベー」と大きな声で叫びながら岩の上から下に向かって力一杯投げたそうです。

data

※価格・営業時間等の情報は掲載時のものであり、現在のものとは違っている可能性があります。
詳しくは各施設・お店等に直接お問い合わせください。