虫送り(いなのむしおくり)

カテゴリー 歴史・文化 

エリア 大河内高原エリア

赤田区の「虫送り」は、7月第3・第4土曜日に、区内~市川において、松明を持って地区を回ります。

昭和30(1955)年頃まで行なわれ永らく廃れていたのを、町おこしの一環として平成16(2004)年に復活させました。

虫送りは、平家の武将・斉藤実盛が稲の切株につまづき敵に討たれ、その恨みから害虫になったという伝説に由来しています。

「イーネノムーシャラ・ゴーシャラク・サーネモーリヤー・サキダチジャー」の掛け声、鉦や太鼓をならし練り歩きます。

data